大勢の来場者でにぎわう八丁道おもしろ市=高岡市の八丁道

大勢の来場者でにぎわう八丁道おもしろ市=高岡市の八丁道

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

露店140軒にぎわう 高岡「八丁道おもしろ市」

北日本新聞(2016年5月16日)

 「歴史都市高岡 日本遺産認定記念第49回八丁道おもしろ市」が15日、高岡市関本町の国宝瑞龍寺前の参道・八丁道で開かれた。古美術品や衣類、雑貨、飲食物など多彩なジャンルの約140店が並び、お気に入りの品を買い求める人たちでにぎわった。

 地元の各種団体でつくる実行委員会(今井正行会長)が年2回開催。八丁道は瑞龍寺と国指定史跡・前田利長墓所を結ぶ870メートルの石畳通りで、今回は同寺から400メートルの区間を歩行者天国にした。

 各店は通りの両側や中央にテントを張り、高岡銅器の工芸品や手作りのバッグ、農作物などを販売した。飲食物の店も充実し、家族連れらが食べ歩きを楽しんだ。

 ステージイベントが西本願寺高岡教務所前であり、今井会長があいさつ。芳野中学校吹奏楽部が映画音楽や校歌を演奏した。日本民踊研究会県支部「華の会」、さくら保育園、よさこいグループ「ポップコーンキッズ」も出演し、踊りや体操などを披露した。

 第50回のおもしろ市は10月に開催する。北日本新聞社後援。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット