大あんどんの吊りものの色を塗る参加者

大あんどんの吊りものの色を塗る参加者

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

大あんどんの色塗り体験 来月の津沢夜高へ準備

北日本新聞(2016年5月23日)

 6月3、4日に小矢部市津沢地区中心部で開かれる津沢夜高あんどん祭を前に、市観光協会が21日夜、同地区で夜高あんどん作り体験イベントを初めて開いた。参加者は当日引き回される大あんどんの色塗りを体験し、「祭りを見るのが楽しみ」と話した。

 小矢部、南砺両市から10人が参加し、昨年の夜高あんどんコンクール(北日本新聞社後援)の大あんどんの部で金賞・市長賞を取った西町のあんどん作りに加わった。

 宝船をかたどった「吊(つ)りもの」に色を塗った。南砺市塔尾(城端)の水本優花(ほのか)さん(城端小4年)は「いつも祭りを見るだけだったが、こんなふうに作っていると分かった」と夢中で筆を走らせた。小矢部市埴生の石村澄子さん(68)は「間近であんどんを見て大きさを実感できた」と話し、孫の陽菜(はるな)さん(石動小5年)は「自分の塗ったあんどんがみんなに見てもらえるのがうれしい」と笑顔を見せた。

 西町の保存会は体験イベントに合わせ、町のあんどんを紹介したリーフレットを作って配った。大あんどんの裁許の飯原栄一さん(42)は「あんどんに少しでも興味を持ち、祭りに足を運んでもらえたらありがたい」と話した。

 体験イベントは28日にもう一度開き、上町のあんどん作りに参加できる。午後8時から約1時間半。参加費は大人千円、子ども500円。締め切りは27日。問い合わせと申し込みは観光協会、電話0766(30)2266。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット