湿原を散策する記念登山の参加者=1日、福島県檜枝岐村

湿原を散策する記念登山の参加者=1日、福島県檜枝岐村

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

湿原の花々が招くよ 尾瀬「魚沼ルート」が開通 奥只見から船とバスで

新潟日報(2016年6月2日)

 新潟、福島、栃木、群馬の4県にまたがる尾瀬国立公園に、魚沼市から船とバスを乗り継いで入る「魚沼ルート」が1日、開通した。魚沼市の奥只見ダムサイトでは、魚沼市、福島県檜枝岐村、群馬県片品村の3市村合同の山開き式典が開かれた。約20人が記念登山し、大自然を味わった。

 式典は昨年から3市村が持ち回りで開くことになり、魚沼市では初めて開かれた。大平悦子市長や観光関係者らがテープカットするなどして安全を祈った。

 記念登山の参加者は、船とバスを乗り継いで福島県檜枝岐村側に入り、湿原を歩いて尾瀬沼を訪れた。ことしは雪解けが早く、ミズバショウのピークは過ぎていたが、木道沿いに咲くタテヤマリンドウやワタスゲを楽しんだ。

 東京都の主婦(65)は「花がたくさん咲いていて満足。また別の時季に来たい」と話した。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット