長野県 祭り・催し アウトドア・レジャー

技術学んで登山に親しみを 7・8月に各地で教室

信濃毎日新聞(2016年6月9日)

 県山岳協会の各支部は7、8月、それぞれの地元にある山やクライミング施設で夏山登山教室を開く。今年初めて迎える国民の祝日「山の日」(8月11日)を記念して企画。登山の魅力とともに、安全に登るための基本的な技術や知識を学んでもらう。

 東北信支部は7月2日、須坂市の県須坂青年の家で「夏山での遭難防止」と題した講演や地図を読む技術を学ぶ講座を受講、同施設に泊まる。3日に同市や上田市などにまたがる四阿(あずまや)山を往復する。1泊2食付き5千円。申し込みは小林さん(電話0269・26・0212)へ。

 諏訪支部は7月2日、北八ケ岳の蓼科山山麓の岩場で歩き方の実技訓練をした後、大河原ヒュッテに泊まり、座学で遭難防止の基礎知識などを学ぶ。3日は、地図の読み方を学びながら蓼科山を登る。1泊2食付き1万円。申し込みは佐伯さん(電話090・8725・1572)へ。

 中信支部は8月6日、大町市運動公園にある人工壁で小中学生を対象にしたクライミング教室を開く。参加費千円。申し込みは県山岳総合センター(電話0261・22・2773)へ。

 伊那支部は8月6日、伊那市と駒ケ根市の境に位置する戸倉山に登る。登頂後に山麓にある戸倉山キャンプ場で安全登山の講習会を開く。参加費500円。申し込みは片桐さん(電話090・4675・5008)へ。

 県山協は「山の日の目的にある『山に親しむ』ためにも、まずは安全に楽しむすべを身に付けてほしい。そのきっかけとして参加してほしい」としている。

長野県 ニュース

長野県
イベント

長野県
スポット