7月23日のオープンに向けて整備が進む松川村の「トットちゃん広場」。左が「電車の教室」を再現した車両

7月23日のオープンに向けて整備が進む松川村の「トットちゃん広場」。左が「電車の教室」を再現した車両

長野県 白馬・安曇野 その他

黒柳徹子さんを松川村名誉村民に 「トットちゃん広場」7月オープン

信濃毎日新聞(2016年6月14日)

 北安曇郡松川村は、女優の黒柳徹子さん(東京都)に「名誉村民」の称号を贈る。黒柳さんの著書「窓ぎわのトットちゃん」の世界を体験できる「トットちゃん広場」が7月23日、村内にオープンするのに合わせ、県内外への村のPRに一役買ってもらう。

 窓ぎわのトットちゃんは黒柳さんが幼少時代の体験をつづったエッセー。表紙や挿絵に村ゆかりの絵本画家いわさきちひろ(1918~74年)の作品を使った縁で、黒柳さんは同村西原の安曇野ちひろ美術館の館長を務めている。

 村は16日開会の村議会6月定例会に、黒柳さんを名誉村民に推薦する議案を提出する。平林明人村長は「黒柳さんのネームバリューで地域が良くなればいい」と期待。村は同広場のオープンに合わせて村内で開く式典で、名誉村民の称号を黒柳さん本人に授与する予定だ。

 同広場は、村が拡張工事を進めている安曇野ちひろ公園内に新設する。窓ぎわのトットちゃんに出てくる「電車の教室」を再現した本物の車両が置かれる。公園内には、農作業や郷土食作りを体験できる場所も用意する。

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット