南アルプス北沢峠に完成した休憩所

南アルプス北沢峠に完成した休憩所

長野県 伊那路 アウトドア・レジャー

南ア・北沢峠に休憩所 伊那市長谷で開所式

信濃毎日新聞(2016年6月15日)

 伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の南アルプス・北沢峠(2032メートル)に、休憩所が完成した。2014年の南ア国立公園指定50周年と、国民の祝日「山の日」(8月11日)の制定を記念し、環境省が整備。伊那市営南ア林道バスの全線開通を翌日に控えた14日、現地で開所式があり、関係者約30人が出席した。

 休憩所は木造平屋約50平方メートルで、約40人分のベンチが並ぶ。安全登山を訴えるパネルや貴重な地形や地質が見られる「南ア(中央構造線エリア)ジオパーク」、国連教育科学文化機関(ユネスコ)エコパーク(生物圏保存地域)に関する掲示もある。

 休憩所は伊那市が委託を受けて管理。利用は、市営南ア林道バスが全線開通する6月中旬から11月中旬の営業時間のみ。近くの山梨県側にも1棟完成し、6月25日に利用が始まる。2棟の建築工事費は3860万円余。

 休憩所建設地は以前、テント張りのバスの待合所だった。関係者は、待合客が風雨をしのぐ場所にもなる―と期待する。白鳥孝市長はあいさつで「ジオパークやエコパークの情報発信拠点にもしたい」と述べた。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット