小谷村の白馬乗鞍高原で開園した「ホタル公園」

小谷村の白馬乗鞍高原で開園した「ホタル公園」

長野県 白馬・安曇野 アウトドア・レジャー

「ホタル公園」小谷で4年かけ整備 9日から観察ツアー

信濃毎日新聞(2016年7月5日)

 小谷村の白馬乗鞍高原で「ホタル公園」が開園し、ホタルの舞が見頃を迎えている。地元住民ら有志でつくる「ホタルの会」が4年がかりで整備。200匹ほどのホタルが飛び交う。会員の案内で園内を観察する「ホタルガイドツアー」を9日から8月20日まで開催する。

 広さ約20アールの水田にホタルが生息できる水路約200メートルを引いた。斜面を大きく蛇行する水路に沿って観賞用の遊歩道も設置。6月上旬からホタルが舞うようになり、9月まで見られる見込みだ。

 会によると、かつては村内各地で自然のホタルが見られたが、環境の変化などで生息数は少なくなっている。副会長の森川昇さん(65)は「ここに来れば必ずホタルが見られるという場所を作りたかった。地元の子どもにも訪れてもらいたい」と話す。

 会は開園を記念し、30日に現地でコンサートを開く。県内中心に活動するピアノとバイオリンの音楽ユニット「Ogozze(オゴッツェ)」が午後7時半から生演奏を披露する。入場無料。

 ガイドツアーは高校生以上500円、小中学生100円、未就学児以下は無料。問い合わせは、同会(電話080・2258・7739)へ。

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット