「四谷怪談」の旗が街灯に飾り付けられた松本市の伊勢町通り

「四谷怪談」の旗が街灯に飾り付けられた松本市の伊勢町通り

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

松本市街地、大歌舞伎の装いに PR用の旗飾り付け

信濃毎日新聞(2016年7月6日)

 松本市のまつもと市民芸術館で11〜17日に開かれる「信州・まつもと大歌舞伎」(実行委員会主催)を前に、中心市街地の街灯にPR用の旗を取り付ける作業が本格化している。旗には演目の「四谷怪談」の文字などが鮮やかに入り、開幕に向けた街の盛り上げに一役買っている。

 旗は縦180センチ、横60センチと、縦135センチ、横45センチの2種類。四谷怪談の文字に加え、まつもと大歌舞伎のシンボルマーク「定紋(じょうもん)」などがデザインされている。実行委が計約650枚を用意し、松本商店街連盟の協力も得て飾り付けている。

 5日は、開幕前日の10日に行われる「登城行列」で、出演者らが人力車に乗って通る大名町通りなどにも設置した。通り掛かった松本市浅間温泉の団体職員男性(64)は「まつもと大歌舞伎はいろいろな人を引き付ける。街が活気づくのは良いことだ」と開幕を楽しみにしていた。

 登城行列は10日午前11時から。本町通りの松本郵便局前を出発し、大名町通りを経て松本城本丸庭園に向かう。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット