新潟県 新発田・月岡・阿賀野 温泉 アウトドア・レジャー

秘湯への道開通 13年に豪雨被害 新発田・湯の平

新潟日報(2016年7月8日)

 新発田市滝谷の秘湯「湯の平温泉」と、温泉に通じる「湯の平登山道」がオープンした。2013年7月の集中豪雨による土砂崩れの影響を解消し、4年ぶりに登山に適した10月末までフルに開く。

 登山道につながる林道入り口の加治川治水ダム駐車場で2日、安全祈願祭が行われた。地元自治会や山岳会、市観光協会などの関係者約30人が今シーズンの無事故を願った。

 湯の平温泉は約150年の歴史を持ち、加治川治水ダムから加治川ダムに至る赤谷林道8・2キロ、さらに湯の平登山道3・4キロを経て到着する。奥深いブナ林を通った先にある秘湯は全国にファンを持つ。

 下越山岳会幹事の中村義雄さん(54)は「やっとフルシーズンで行ける。緑豊かでダイナミックな登山道を、多くの人に楽しんでほしい」と話した。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット