寄け合いで、優美な下獅子の舞を見つめる人たち。奥の山車には上獅子が載せてある

寄け合いで、優美な下獅子の舞を見つめる人たち。奥の山車には上獅子が載せてある

長野県 木曽路 祭り・催し

宿場町に威勢のいい掛け声 木祖「薮原祭り」が開幕

信濃毎日新聞(2016年7月9日)

 旧中山道の宿場町の面影が残る木祖村薮原地区で8日、木曽地方の夏祭りのトップを切って、伝統の薮原神社例大祭「薮原祭り」が始まった。雌雄それぞれの獅子を載せた2基の山車が繰り出し、若者たちの威勢のいい掛け声が響いた。

 雄の上獅子と雌の下獅子を載せた2基の山車が擦れ違う際に、笛や太鼓の音に合わせて獅子舞を披露し合う「寄け合い」が見せ場。法被姿の人たちが道に座って相手の舞を眺め、「いいぞ」とはやし立てた。終わると互いに拍手を送り合った。

 祭りに合わせ、地区出身者が帰郷することも多いという。1歳半の長男を連れて訪れた東京都の会社員、今村ちひろさん(33)は「18歳で地元を離れたが、この時期になると必ず帰ってくる。とにかく格好いいので、本当は自分でも参加したい」と声を弾ませていた。

 9日はみこしも出る。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット