「花の里」の敷地内に咲く赤やピンクなどのユリ

「花の里」の敷地内に咲く赤やピンクなどのユリ

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

富士見「花の里」9日開園 ユリ・ケイトウ...30万株

信濃毎日新聞(2016年7月9日)

 富士見町の富士見高原リゾートは8日、今季の営業を9日に始める「花の里」で開園式をした。9万平方メートルに約30万株の花が植わっており、さまざまな種類を楽しむことができる。式の後、同社関係者らが園内を散策した。

 花の里は、スキー場の夏場の有効利用を目的に3年前に開設。今季は、地下の根が越冬して春に花を咲かせる宿根草170種の庭園や、遊具を置いた4千平方メートルの芝生広場も整備した。16日から8月14日までは午後6〜9時に夜間営業し、花をライトアップする。

 園内はユリやアジサイ、ケイトウなどが見頃。散策した人たちは、涼やかなシラカバ林で赤、ピンク、白の優雅なユリの花などを楽しんだ。

 営業は11月3日までの予定。9月までの入園料は中学生以上1100円、3歳〜小学生は700円。カート(有料)も利用でき、車いす利用者にはけん引器具を無料で貸し出す。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット