メンバーの写真を使ったモザイクアートなどが並んだ東方神起の展覧会=9日、新潟市中央区

メンバーの写真を使ったモザイクアートなどが並んだ東方神起の展覧会=9日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

衣装、写真に興奮 「東方神起」展が最終週 新潟

新潟日報(2016年7月11日)

 韓国出身の人気アーティスト「東方神起」のツアー衣装や写真で、活動を振り返る展覧会が14日まで、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれている。会期中最後の週末を迎えた9日には、県内外から大勢のファンが訪れ、メンバーが着用した華やかな衣装の前で写真を撮るなどして楽しんだ。

 新潟日報社などが主催。東方神起はユンホさん(30)とチャンミンさん(28)のデュオ。日本では2005年にデビューした。

 会場には、メンバーの写真で作った約180センチ四方のモザイクアートや、12~15年の国内ツアーでの衣装8組、ライブの熱狂を伝える写真などが並んだ。

 友人と2人で訪れた妙高市の会社員女性(29)は「地元で衣装が見られて最高。時系列でライブの衣装や写真があって、活動を思い出しながら眺められた」と満足そうだった。

 入場料800円。10日は午前10時~午後9時、平日は午前11時~午後9時。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット