菓子が入った小箱(下)を手拭いで包み、松本城の姿を模した新商品を手にする伊藤さん

菓子が入った小箱(下)を手拭いで包み、松本城の姿を模した新商品を手にする伊藤さん

長野県 松本・上高地・美ヶ原 スイーツ その他

松本城の「まめぐい」商品化 地元和紙専門店「新定番に」

信濃毎日新聞(2016年7月12日)

 松本市大手2の和紙専門店「紙舘島勇(かみやかたしまゆう)」が、ハンカチサイズの手拭い「まめぐい」で菓子入りの小箱を包み、松本城を模した土産品「まめぐい松本城」を商品化した。手拭いの結び目の端が天守のしゃちほこに見えるよう工夫したかわいらしいデザイン。小箱の中には、市内の老舗菓子店の代表的な菓子などを収めた。同市のまつもと市民芸術館で11日開幕した「信州・まつもと大歌舞伎」に合わせ、同館に期間中設けられる縁日ブース「お化け横丁」で発売した。

 「まめぐい」は、東京の手拭い専門店「かまわぬ」の人気商品で、動物、乗り物などのデザインがある。「まめぐい松本城」は33センチ四方。小箱を包んだ際、正面に朱色の漆を塗った月見櫓(やぐら)、背面に堀を泳ぐハクチョウが見えるようデザインした。

 紙舘島勇は、市内の縄手通りで経営する和雑貨店「和来(わらい)」でまめぐいを扱っており、社長の伊藤慶さん(47)が「松本城で作ったら面白い」と発案。自らデザインを手掛け、製造をかまわぬに依頼した。

 伊藤さんは「松本城にちなんだ土産品はあまりなかった。中身の種類を増やし、人気商品に育てたい。くすっと笑える松本土産の新定番にしたい」と期待している。

 信州・まつもと大歌舞伎が閉幕した後の18日以降は、「和来」で販売する。小箱の中身は4種類で、価格(税込み)は中身によって異なり、1080〜1296円。問い合わせは紙舘島勇(電話0263・35・1000)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット