勢いよく走る馬の上から的を狙う射手

勢いよく走る馬の上から的を狙う射手

長野県 上田・小諸 祭り・催し

勇壮「流鏑馬」に歓声 上田城跡公園で27年ぶり

信濃毎日新聞(2016年7月25日)

 馬上から弓矢で的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」を披露するイベント「上田城流鏑馬」が24日、上田市の上田城跡公園陸上競技場であった。同公園内で流鏑馬が披露されるのは27年ぶり。会場を訪れた約1300人の観客は、力強く走り抜ける馬の姿と、馬上から矢を放つ「射手(いて)」の技術力の高さに歓声を上げた。

 上田市と姉妹都市提携を結ぶ神奈川県鎌倉市に事務局がある公益社団法人「大日本弓馬会」の9人が装束を身にまとい、射手を務めた。流鏑馬に先立ち射手ら約30人が城跡公園内を行進。観光客らがりりしい姿を写真に収めた。

 約220メートルにわたる流鏑馬専用の道を一気に走り抜ける馬の姿と土を蹴る力強い足音に、観客も「すごい」の一言。馬上から狙いを定めた射手が見事に的を打ち抜くと、大きな拍手が送られた。

 千曲市から訪れた会社員北沢拓実さん(20)は「初めて見たが、馬に乗って弓を射る姿がきれい」と驚いていた。

 27年前の流鏑馬は1989年に市制70周年事業として同公園で実施した。実行委員会は2018年までは毎年、流鏑馬を行いたいとしている。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット