小池糀店で販売している甘酒

小池糀店で販売している甘酒

長野県 木曽路 祭り・催し グルメ

酒蔵や道の駅で甘酒の試飲・販売 木曽で8月「発酵の町」PR

信濃毎日新聞(2016年7月29日)

 発酵食品による町づくりを進めている木曽郡木曽町で8月、酒造会社などが甘酒の試飲や販売する催しを行う。甘酒は夏の季語で、昔は夏に飲まれていたことに注目した初の取り組み。夏バテ防止にも役立ててほしいと企画した。「発酵の町」をPRする狙いだ。

 町内の企業関係者らでつくる「発酵のまちづくり懇話会」の話し合いで実施が決まった。同町福島で年間を通じて販売している小池糀(こうじ)店は5〜8日、冷やした甘酒の試飲や販売をする予定。上村三枝子社長(66)は「自然の甘みを味わってほしい。町全体で取り組むことで甘酒の効果も知ってもらえるはず」と話す。

 同町日義の「道の駅日義木曽駒高原」で食堂などを営む日義特産は5、8日、小池糀店のこうじを使って甘酒を造り、冷やして販売する。水崎直美社長(66)は「町を盛り上げたい」と張り切る。同町福島の七笑酒造も5〜8日に販売する予定。同町開田高原の農産物直売施設「彩菜(さいさい)館」は1〜31日、小池糀店の甘酒を置く計画だ。料金はいずれも今後決める。

 同町新開の交流施設「ふるさと体験館きそふくしま」は4日、甘酒づくりと甘酒を使ったデザート作りの講座(午前10時から、参加費1800円)を開く。予約は、ふるさと体験館きそふくしま(電話0264・27・1011)へ。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット