灯籠が流れる天竜川の上空を彩る打ち上げ花火=16日午後7時47分、飯田市

灯籠が流れる天竜川の上空を彩る打ち上げ花火=16日午後7時47分、飯田市

長野県 伊那路 祭り・催し

夜空と川面に彩り 飯田・時又の灯ろう流し

信濃毎日新聞(2016年8月17日)

 飯田市時又の天竜川で16日、故人をしのんで灯籠を浮かべる「時又の灯ろう流し」が開かれた。川面にだいだい色の約400基の灯籠が流れると、赤や青といった鮮やかな花火約2千発が打ち上がり、岸辺で見ていた人たちから大きな歓声が起きた。

 飯田市千代の鈴木春夫さん(72)と妻の昌子さん(70)は花火の番付表を照らし合わせながら見物。春夫さんは「年々友人の中にも亡くなる人が出てきている」としんみりと話した。

 灯ろう流しに先立ち地元の竜丘地域自治会は、天竜川の時又港―龍江舟渡間でかつて運航されていた「渡し舟」を約120年ぶりに復活させた。天竜川で川下り事業を営む天竜舟下りの杉本忠社長(59)と天龍ライン遊舟の半崎信弘社長(53)が船頭を務め、乗船した15人が約10分間、緩やかな川の流れに揺られた。

 乗船した竜丘地域自治会長の熊谷和美さん(69)は「水面から眺める景色は普段と違っていて、渡し舟を今後運航すれば、大きな観光資源になると感じた」と話した。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット