旬の桃がずらりと並んだ飯綱町の直売所

旬の桃がずらりと並んだ飯綱町の直売所

長野県 長野市周辺 特産

飯綱町「丹霞郷」の桃が旬、祭り始まる

信濃毎日新聞(2016年8月21日)

 上水内郡飯綱町にある桃の花の名所「丹霞郷(たんかきょう)」で収穫した桃を直売する「もも祭り」が20日、同町の横手直売所「四季菜」で2日間の日程で始まった。15軒ほどの農家が新鮮な「川中島白桃」を持ち寄って販売。寒暖の差が大きいため糖度が高く、みずみずしさとしっかりとした食感が売りで、買い物客が品定めをしていた。

 祭りは、町ふるさと振興公社が地元の桃をPRしようと、12年ほど前から丹霞郷に桃園を持つ農家に頼み、出荷してもらっている。贈答用は3キロ(2400〜2600円)と5キロ(3100〜3600円)があり、家庭用は3、4個のパック入り(300円)などを並べた。

 10年ほど前から訪れているという武藤邦夫さん(67)=新潟県上越市=は「この時季を楽しみにしている。甘くてみずみずしい」と、家庭用に約20個買い求めた。

 同公社の平塚慶吾社長(60)は「川中島白桃が最も旬。いい状態のものを届けたい」。直売所にはほかに、トウモロコシやプルーン、高原野菜が並び、リンゴも出始めた。もも祭りは午前9時〜午後3時。問い合わせは、町ふるさと振興公社(電話026・253・5153)へ。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット