日本海沿いの集落を走る雪月花。冬には海が荒れ、強風が吹く=4月、上越市長浜

日本海沿いの集落を走る雪月花。冬には海が荒れ、強風が吹く=4月、上越市長浜

新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

トキ鉄「雪月花」今冬も運行 荒波、雪景色の美売りに

新潟日報(2016年8月26日)

 えちごトキめき鉄道(上越市)は25日、4月に運行を開始したリゾート列車「雪月花」を、今冬も運行すると発表した。車窓からの荒れた日本海や雪景色が大きな魅力になると判断。大雪や強風で運休になる恐れがあることを周知した上で運行することを決めた。

 雪月花は主に休日のみ運行している。首都圏など遠方からの乗客が多いため、気候の急変などで運休が増える冬季の運行はこれまで未定とされてきた。

 トキめき鉄道は12月23日~2月末を冬季と設定。ただ、1月中旬~2月中旬は車両メンテナンスのため運行しない。防雪柵など設備は増やさず、運休する場合は早めに予約者に伝えるなどして対応する。スケジュールや運行区間、車内で提供する料理などの詳細は未定。

 また、同社は平日も雪月花を運行し、業者が旅行商品として貸し切りできるサービスも始めると発表。9月末に第1便が運行する。さらに来年度には長野県など隣県への運行を試みる。

 同社の嶋津忠裕社長は「冬の荒波と雪は当地の目玉。新しい試みを活発にし、情報発信を強化したい」と述べた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット