66万6666人目の入館者となり、くす玉を割る永田さん一家(左)と大野さん

66万6666人目の入館者となり、くす玉を割る永田さん一家(左)と大野さん

長野県 上田・小諸 その他

66万6666人入館 上田の大河ドラマ館

信濃毎日新聞(2016年9月20日)

 上田市の上田城跡公園にある信州上田真田丸大河ドラマ館の入館者が19日、今年1月17日の開館から8カ月余りで66万6666人を達成した。真田氏の家紋「六文銭」にちなみ、館内で記念式典が開かれた。

 66万6666人目となったのは、静岡県掛川市の会社員永田剛さん(37)の一家6人。くす玉を割り、大河ドラマ「真田丸」上田市推進協議会から記念品としてシャインマスカットを贈られた。市内の別所温泉に泊まったという永田さんは「上田は初めて。マツタケがおいしかった。いい思い出になった」とあいさつ。放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」については「真田昌幸が身内もだますところが面白い」と話した。

 会場にはドラマで真田家の重臣、河原綱家役を演じる大野泰広さん(39)もサプライズで登場した。

 ドラマ館は、「真田丸」の大坂城での撮影で使われた衣装や小道具、セットなどを展示している。今年7月31日に50万人を達成した。来年1月15日まで開館する。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット