海野宿の一角にオープンする「せせらぎ」(右)

海野宿の一角にオープンする「せせらぎ」(右)

長野県 上田・小諸 アウトドア・レジャー

東御・海野宿に休憩処 1日オープン、土産品も販売

信濃毎日新聞(2016年10月1日)

 古い町並みが残る東御市本海野の海野宿の一角に1日、「海野宿観光休憩・物産処『せせらぎ』」がオープンする。市内で道の駅を運営する有限会社「雷電くるみの里」が観光情報の発信拠点として営業。観光客が気軽に立ち寄れるよう、無料の休憩スペースを設ける。特産品を手に取ったり、お茶を飲みつつ住民との交流を楽しんだりできる場を目指す。

 木造2階建ての古民家を活用し、当面は1階部分を開放する。広さは延べ約160平方メートル。採れたての野菜や、菓子などの土産品を購入できる。休憩スペースは畳敷きで一度に約20人が利用可能。

 東御市観光協会は、せせらぎのオープンで「市内の回遊性が向上する」ことに期待する。雷電くるみの里の清水俊文社長(75)は「特産品ができるまでの写真も飾り、来た人がくつろぎながらこの地域について勉強できる場にしたい」と話している。

 営業時間は午前10時〜午後5時。問い合わせは東御市観光協会(電話0268・67・1034)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット