懐古園で色づき始めた木を見る入園者

懐古園で色づき始めた木を見る入園者

長野県 上田・小諸 花・紅葉

小諸の懐古園で「紅葉まつり」始まる

信濃毎日新聞(2016年10月16日)

 小諸市の懐古園で15日、市主催の「紅葉まつり」が始まった。市懐古園事務所によると、今年の紅葉は、例年よりも1週間ほど遅い13日ごろに始まったばかり。秋空が広がり、市民有志5人が武将に扮(ふん)した「小諸センゴク甲冑(かっちゅう)隊」の催しも重なり、カメラを手にした観光客でにぎわった。

 11月20日までの期間中、菊花展や紅葉きもの散策会などさまざまな催しがある。同事務所によると、モミジも色づく11月上旬ごろが例年一番の見頃になるという。

 この日は、近くで開いたトークショーを終えた俳優の藤岡弘さんに、小諸センゴク甲冑隊が園内で抹茶を振る舞う一幕も。姉と訪れた東京の専門学校生田村ありささん(23)は「てっぺんの方が色づき始めている木はあるけれど、まだほどんどが緑。見頃になったらきれいだと思う」と話していた。

 午前8時半-午後5時は入園料が必要で大人300円、中学生以下100円。問い合わせは市懐古園事務所(電話0267・22・0296)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット