冬眠の時期を控え、丸々と太ったニシキゴイ=金沢市中村町の「中正錦鯉」

冬眠の時期を控え、丸々と太ったニシキゴイ=金沢市中村町の「中正錦鯉」

石川県 金沢市周辺 その他

鮮やか錦、貫禄の美 金沢市の養鯉場

北國新聞(2016年10月21日)

 金沢市中村町の養鯉場(ようりじょう)「中正錦鯉(ちゅうせいにしきごい)」で、飼育するニシキゴイが一年で最も貫禄のある姿を見せている。10月は栄養を蓄えて冬眠に備える時期に当たり、餌を求めてうねり、交錯するコイの背中が水面に鮮やかな錦を織り成している。

 同所の池では、赤白黒のまだら模様が特徴の「昭和三色(しょうわさんしょく)」や、まばゆく輝く「山吹黄金(やまぶきおうごん)」など約50匹が飼育されている。

 村本守代表(57)は「夏以降にたくさん餌を食べて、今が最も見応えのある姿になっている」と話した。ニシキゴイは12月ごろになると冬眠に入る。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット