新潟県 燕・三条・弥彦 温泉 グルメ

湯田上温泉4旅館 梅サイダー販売

新潟日報(2016年10月25日)

 田上町の湯田上温泉の旅館や町商工会などが、町特産の「越の梅」を使ったサイダー「湯上り梅サイダー」を作った。すっきりとした味わいが特徴で、温泉街の旅館4軒で販売している。関係者は「湯上がりに飲んでほしい」とPRしている。

 梅サイダーは、越の梅のペーストや炭酸水が原料。越の梅は他品種よりも酸味が強く、甘さが残らず大人も飲みやすい味に仕上がった。ラベルは、温泉に漬かる女性と町を代表するアジサイを、レトロ調にデザインした。

 商工会や農業関係者らでつくる「町農商工連携地域協議会」の事業の一環で取り組んだ。300ミリリットル瓶で2千本を製造。9月に完成し、湯田上温泉の旅館4軒で1本300円(税込み)で販売を始めた。今後は、町内の商店などにも置いてもらう計画だ。

 旅館「末広館」の細井広行さん(60)は「さっぱりした味わいなので、湯田上温泉の風呂上がりに飲むのが1番。アルコールを割っても合いますよ」と勧めている。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット