長野県 上田・小諸 祭り・催し 特産

信州の「伝統的工芸品」知って 上田で11月、催し多彩に

信濃毎日新聞(2016年10月29日)

 県内の伝統的工芸品を紹介する「信州の伝統的工芸品ウイーク」(県、上田市、県中小企業団体中央会、県伝統工芸品産業振興協議会主催)が11月11〜16日、上田市の大型商業施設「アリオ上田」で開かれる。郷土に根付いた伝統工芸の魅力を広く発信しようと初めて企画。工芸品の制作体験や「信州紬(つむぎ)」のファッションショーなど多彩な催しを予定している。

 県中小企業団体中央会によると、県内には国指定で7、県指定で15の伝統的工芸品がある。会場では工芸品をパネルなどで紹介するほか、展示販売もある。

 12日は記念イベントを企画。午前11時から、大正時代以降に上田市などで作られた「木端(こっぱ)人形」など農民美術に関するトークイベント、午後2時半から上田紬や松本紬など「信州紬」のファッションショーを開く。

 期間中、「木曽漆器」の伝統技法の一つ「木曽堆朱(ついしゅ)」、「内山紙」の紙すき、「飯山仏壇」の金具による指輪作りといった体験プログラムもある。基本的に有料だが、13日は小学生以下無料のプログラムもある。

 午前10時〜午後7時(16日は午後5時まで)。問い合わせは同中央会(電話026・228・1171)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット