富山マラソンに向けて意気込みを見せる参加者とゲストの有森さん(手前右)、金さん(同左)=富山市総合体育館

富山マラソンに向けて意気込みを見せる参加者とゲストの有森さん(手前右)、金さん(同左)=富山市総合体育館

富山県 祭り・催し

富山マラソンきょう30日号砲 1万4700人エントリー

北日本新聞(2016年10月30日)

 昨年に続き2回目の開催となる県内最大規模のフルマラソン大会「富山マラソン2016」が30日、富山、射水、高岡の3市で行われる。29日には沿道各所で看板やテントなどの設営が進み、ゴール近くの富山市総合体育館(富山市湊入船町)では出場選手の受け付けやゲストを交えた歓迎イベントが開かれ、本番へ向け、準備が整った。

 大会には、フルマラソン、車いす(9キロ)、新設のジョギング(約4キロ)の3種目に、鳥取県を除く46都道府県と国外の計1万4700人がエントリーした。県内は全15市町村の8569人。高岡市役所前をスタートし、射水市の新湊大橋を通り、富山市街地に至る日本陸上競技連盟公認のコースを走るフルマラソンには1万3615人が挑む。

 29日は富山市総合体育館で「富山マラソンEXPO2016」があり、女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さんらゲスト5人のトークショーなどが行われた。

 富山地方気象台によると、30日の県内は朝は曇りで、フルマラソンがスタートする午前9時ごろから次第に晴れる見込み。

 大会は実行委、富山陸上競技協会主催。県と富山、高岡、射水の沿道3市、北日本新聞社共催。同協会主管。

富山県 ニュース

富山県
イベント

富山県
スポット