桟橋につないだドーム船上から釣り糸をたらす人たち=1日午前9時45分、白樺湖

桟橋につないだドーム船上から釣り糸をたらす人たち=1日午前9時45分、白樺湖

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

ワカサギ釣りシーズン入り 白樺湖に待ちわびた客

信濃毎日新聞(2016年11月2日)

 茅野市と北佐久郡立科町境にある白樺湖で1日、ワカサギ釣りが始まった。白樺湖ではワカサギが減って釣りができない状態が続いたが、昨年12季ぶりに復活。今季は昨年より1カ月前倒して営業を始めた。この日はシーズン入りを待ちわびた釣り客たちが、早速、釣り糸をたらした。

 営業開始の午前7時に6人の釣り客が訪れ、桟橋につないだドーム船の上から体長6〜10センチ余のワカサギを次々に釣り上げた。2時間で70匹余を釣った佐久市の会社員亀田彰弘さん(54)は「ワカサギの釣り場はほかにもあるが、車で1時間ほどで来ることができ、釣り応えもあって食べてもおいしいワカサギが釣れる白樺湖は魅力です」と話していた。

 釣り場管理を担当する白樺湖フィッシングセンターは今季中にドーム船の面積を約1・5倍に増やす予定。今季の営業は来年3月末までで、営業は午前7時〜午後3時半。入場券は千円で、貸しざおや餌付きの2時間体験パックは1人3500円。問い合わせは白樺湖観光センター(電話0266・68・2255)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット