秋の一般公開が始まった普済寺の庭園=1日、村上市大場沢

秋の一般公開が始まった普済寺の庭園=1日、村上市大場沢

新潟県 村上・胎内 花・紅葉

秋色鮮やかに 村上・普済寺 庭園公開始まる

新潟日報(2016年11月2日)

 村上市大場沢の普済寺で1日、秋の庭園公開が始まった。県内外から訪れた観光客は、鮮やかな紅葉の競演を楽しんだ。

 角一覚隆住職(69)と新発田市の造園家、遠藤太一さん(69)が35年かけて造園した。元々は荒れ地だった庭園には関川村から運んだ巨石を設置。モミジやイチョウ、しだれ桜、ボタンなど植栽し、四季折々の美しさを楽しめる。

 京風の庭園は回遊式で、鮮やかな赤や黄に色づいた木々の間を巡り、境内を散策できる。寺からは大場沢(大葉沢)城跡に続く山道が整備されており、庭と併せて秋の山も満喫できる。秋田県にかほ市の主婦(58)は「木々や敷石が織りなす美に心が安らいだ」と話した。

 角一住職は「日に照らされたモミジは驚くほど鮮やか。紅葉をぜひ見てほしい」と呼び掛けた。

 6日まで。午前9時~午後4時。期間中は茶席やコンサートなど日替わりでイベントが開かれる。問い合わせは大葉会、0254(72)1974。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット