景勝地「嵐山」を表現した弥彦菊まつりの大風景花壇=1日、弥彦神社

景勝地「嵐山」を表現した弥彦菊まつりの大風景花壇=1日、弥彦神社

新潟県 燕・三条・弥彦 花・紅葉

咲き誇る「嵐山」 弥彦菊まつりが開幕

新潟日報(2016年11月2日)

 第56回県菊花展覧会「弥彦菊まつり」(県菊花連盟などが主催)が1日、弥彦村の弥彦神社境内で始まった。あいにくの雨となったが、大勢の観光客らが訪れ、華麗に咲く菊を見入っていた。

 愛好家が1年掛けて咲かせた力作3千鉢が展示されている。1株に三つの花を咲かせる「三幹立(さんかんだて)」や数百の花を咲かせる「数咲き」、鉢から花が垂れ下がる「懸崖(けんがい)」など多種の鉢が楽しめる。

 全国の名所を菊花で表現する恒例の「大風景花壇」の今年のテーマは、京都の嵐山。約3万本の菊花を使い、嵐山や桂川、渡月橋を演出した。訪れた人たちは「さすが」「きれいな色合い」などと見とれ、写真に収めていた。

 茨城県から観光で訪れた女性(75)は「立派な菊ばかり。雨の中でも来たかいがあった」と笑顔だった。菊まつりは、24日まで。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット