大勢の来場者でにぎわう「南砺菊まつり」の会場=南砺市園芸植物園

大勢の来場者でにぎわう「南砺菊まつり」の会場=南砺市園芸植物園

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 祭り・催し

南砺菊まつり開幕 秋を彩る200種3万本

北日本新聞(2016年11月4日)

 北陸を代表する菊花の祭典「南砺菊まつり」が3日、南砺市園芸植物園(同市柴田屋・福野)で開幕し、北陸菊花、南砺菊花両大会(北日本新聞社共催)出品作を中心とした約200種3万本が、来場者を魅了した。13日まで。

 ボリューム感たっぷりの厚物(あつもの)、ストローのような形をした花びらが繊細な風情を漂わせる管(くだ)物、小菊が紫、黄、白色と、彩り豊かに咲き誇る。夏場の猛暑と9月の日照不足で生育が遅れる中、各愛好家がえりすぐりの花を出品した。

 名物の創作花壇は、白い小菊で山並みや滝などを表した。菊の枝と花で金網を覆う「懸崖(けんがい)」を組み合わせたタワーや五重塔など多彩な造形物もお目見えした。

 開会式では、同まつり実行委の鍛治直弘委員長があいさつ。田中幹夫市長と北陸菊花協会長の山辺美嗣県議が祝辞を述べた。花島榮一市商工会長、川合声一市観光協会長、武田慎一県議らを加え、テープカットした。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット