大豊作のユズが並び、買い求める客でにぎわう会場=庄川水記念公園

大豊作のユズが並び、買い求める客でにぎわう会場=庄川水記念公園

富山県 砺波・南砺・五箇山 グルメ 特産

袋いっぱい豊かな香り 庄川ゆずまつり

北日本新聞(2016年11月13日)

 砺波市庄川地域特産のユズが楽しめる「第29回庄川ゆずまつり」が12日、同市庄川町金屋の庄川水記念公園で始まった。今年は例年にない豊作で、1人当たりの購入量制限を設けず、多くの来場者が袋いっぱいに買い求めた。13日まで。

 地元の金屋ゆず生産組合や市などでつくる実行委員会(委員長・真田猛同組合長)が主催。豊かな香りと強い酸味が特徴の「金屋ゆず」は昨年の暖冬の影響で大豊作となり、収穫量は20トン(昨年6トン)が見込まれる。同組合の即売所には五つのサイズ別に1袋500円のユズが並び、来場者は手に取って品定めしていた。

 ユズを使ったみそやしょうゆ、「庄川峡ゆずまる」など菓子類などの加工品が販売され、人気を集めた。ゆず餅やゆずドリンクの無料配布会もあり、長蛇の列ができた。小矢部園芸高校の生徒が初めて参加し、野菜の直売を行った。

 砺波市の姉妹都市、北海道むかわ町の特産物販売場も設けられた。13日にはJAむかわ女性部員が視察に訪れる。

 

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット