実行委員会が作製した岩瀬曳山車祭カレンダー

実行委員会が作製した岩瀬曳山車祭カレンダー

富山県 富山・八尾 祭り・催し その他

祭りの熱気、カレンダーに 岩瀬曳山車祭実行委

北日本新聞(2016年11月19日)

 富山市の岩瀬曳山車(ひきやま)祭実行委員会(武藤勝彦実行委員長)は、岩瀬曳山車祭の熱気を伝える来年のカレンダーを作製した。

 岩瀬曳山車祭は毎年5月17、18日に行われる岩瀬諏訪神社の祭礼。高さ4・5メートル、重さ約5トンの山車13基が巡行し、夜の「曳き合い」では勇壮にぶつかり合う。

 カレンダーは隔年で作っていたが、今回から毎年作製することにした。来年のカレンダーにはことし撮影した写真を使用。神社前で曳き合いをする山車の写真をメインに、13基それぞれの写真を配置した。毎年新たに判じ絵を描く山車の飾り「たてもん」が鮮やかに写っている。

 カレンダーはA1判。2200枚作製し、地元の町内や公共施設に配布した。岩瀬カナル会館で販売しており、1枚300円。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット