映画製作について意見を交わす(右から)鶴岡さん、入江さん、大林さんら

映画製作について意見を交わす(右から)鶴岡さん、入江さん、大林さんら

長野県 上田・小諸 祭り・催し

映画に込めた思い語る 上田で大林宣彦さんら

信濃毎日新聞(2016年11月21日)

 いずれも映画監督の大林宣彦さん、入江悠さん、鶴岡慧子(けいこ)さん(上田市出身)によるトークイベントが20日、上田市の上田文化会館であった。同日まで開いた「第20回うえだ城下町映画祭」の一環として企画。「これからの映画づくり―地方都市と映画」と題し、大林さんらが作品に込めた思いを披露。約80人が耳を傾けた。

 「信州上田観光大使」も務める大林さんは過去の映画祭で同市を訪れた際、「スタッフの出迎えもなく、みんな映画を見ていた。いい映画のまちだと思った」とエピソードを紹介。鶴岡さんは地元で撮影した作品を振り返り、「上田市は映画の製作から上演まで応援してくれた。私は本当にラッキー」と話した。

 同映画祭の「自主制作映画コンテスト」で大賞を受賞したことがある入江さんは、佐久市や北佐久郡軽井沢町でロケを行った新作について紹介した。大林さんは「映画は時代のジャーナリズム」とし、「これまでの映画は戦争を描いてきた。いつか平和を描く時代が来なければならない」と訴えた。

 会場では、上田市内で撮影された映画のロケ写真なども展示した。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット