長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

乗鞍周遊バス16日間運行 17年度方針、松本市が説明

信濃毎日新聞(2016年11月26日)

 松本市は25日、乗鞍岳のマイカー規制に合わせて例年行楽期に走らせる「乗鞍高原周遊バス」を、来年度は7月16日〜10月22日の毎週日曜日と、8月13〜16日の計16日間運行すると明らかにした。近年、利用が減る傾向だったため、昨年度と本年度は曜日を変えて運行。延べ利用者が微増したことから、日曜日を中心とした本年度の運行方式を続ける。

 周遊バスは、合併前の旧安曇村などが2004年から毎年運行。29人乗りマイクロバスを使い、乗鞍観光センター前や三本滝、番所など一帯の観光スポットを回っている。運賃は1日乗り放題のフリー乗車券が中学生以上500円、小学生250円。

 市山岳観光課によると、昨年度は8〜10月の土日曜日とお盆の計16日間走らせ、延べ378人が使った。本年度は開始時期を7月中旬に早め、10月までの日曜日とお盆期間の計16日間に変更した結果、同393人が利用。運行委託料は108万円で、運賃収入は10万円だった。

 この日の市地域公共交通会議・協議会で市が方針を説明した。委員からは「観光客の利用を促すには、運行日数が少ないのではないか」との意見も出た。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット