「オープニング・クリスマスマルシェ」を開く軽井沢本通り

「オープニング・クリスマスマルシェ」を開く軽井沢本通り

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

楽しもう、冬の軽井沢 恒例のフェス26日開幕

信濃毎日新聞(2016年11月26日)

 軽井沢町で26日、恒例の「軽井沢ウインターフェスティバル2017」が始まる。有志らでつくる「軽井沢・冬ものがたり実行委員会」はこの日、軽井沢駅北口から旧軽井沢に向かう軽井沢本通りの一部で、2年目となる「オープニング・クリスマスマルシェ」を開催。旧軽井沢のキリスト教宿泊研修施設「恵みシャレー軽井沢」でも今季初の「クリスマス・ナイトマルシェ」を、12月に開く。

 軽井沢本通りでのマルシェは、昨年より多い約50の企業・団体が参加。コーヒー・紅茶、焼き鳥・おでんといった飲食のほか、雑貨を扱う出店が並ぶ。軽井沢駅入り口交差点から北側約300メートル区間を歩行者天国にし、26日午後3時〜7時に開く。26日午後6時から町内各所でイルミネーションを点灯、開幕を告げる花火が打ち上がる。イルミネーションはフェス開催期間の来年2月11日まで、午後4時半〜9時半に点灯する。

 恵みシャレー軽井沢でのマルシェは12月17日午後4時〜8時に開催。前庭にカレー、スイーツ、クリスマス雑貨などの出店が並ぶ予定で、ダイニングホールでの軽井沢中部小吹奏楽部の演奏、大チャペルでの軽井沢中吹奏楽部の演奏などもある。実行委事務局長の佐久間顕さん(65)は「温かいおもてなしで人々を迎えたい」と話している。

 問い合わせは軽井沢ウインターフェスティバル(電話0267・41・6090)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット