新潟県 佐渡 温泉

新穂潟上温泉 来年3月まで3の付く日限定営業

新潟日報(2016年11月30日)

 休業中の新穂潟上温泉(佐渡市新穂潟上)が30日から来年3月まで、3の付く日限定で営業を再開する。「みんなが喜んでくれればいいと思って開ける。元気に通ってほしい」と多くの来場を呼び掛けている。

 新穂潟上温泉は、佐渡市が無償貸与する民間事業者「佐渡健康アシスト」が運営。建物の柱などの腐食が進み、大規模な修繕費がかかるため、7日から休業していた。

 だが、地元住民を中心に島内各地からの要望を受け、一部の臨時営業に踏み切った。営業日は、施設内の「さぎの湯」の「さ」をもじって3の付く日と決めた。佐渡健康アシストの加藤高弘支配人は「温泉を通じて常連さんや、さぎの湯のファンに再会できるのが楽しみ」と話している。

 30日を皮切りに、毎月3、13、23、30日といった3の付く日の午後2時~7時に営業する(12月30日を除く)。中学生以上の大人450円。

 営業日はイベントなども企画しており、12月23日はバイオリンとピアノのコンサートや野草カフェなどを開く予定だ。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット