あんこが入った「ルシカ焼き」をつくる斎藤さん=7日、上田市

あんこが入った「ルシカ焼き」をつくる斎藤さん=7日、上田市

長野県 上田・小諸 グルメ スイーツ その他

観光客も住民も...集う「ルシカ」 鹿教湯温泉に交流拠点オープン

信濃毎日新聞(2016年12月8日)

 丸子温泉郷などがある上田市内村地区の魅力を紹介し、観光客や住民が集う交流拠点「ルシカ(LeShika)」が7日、同市鹿教湯(かけゆ)温泉にオープンした。運営費を賄うために施設内で手作りしている菓子やピザを買い求めようと、初日から住民らが次々と訪れた。

 地元商工観光関係者や住民グループなどでつくる「鹿教湯温泉100年ブランド創造プロジェクト」が、シングルマザーを中心に子育て中の家族の移住・定住を促進する事業の一環。運営はプロジェクトのメンバーが担い、移住希望者の相談にも応じる。軌道に乗った後は、移住者の就労先の一つにする。施設名は鹿(シカ)にフランス語の定冠詞(Le)を付けた。

 ミックス粉の生地にあんこやカスタードを入れ、鹿教湯温泉のご当地キャラクター「かけ爺(じい)」をかたどった「ルシカ焼き」やピザは1個(1ピース)120円。初日はルシカ焼き約440個が売れた。約12平方メートルの展示スペースでは、丸子温泉郷の言い伝えや鹿教湯温泉のイベント情報、住民の日常を紹介する写真を展示している。

 訪れた市内の看護師横山さおりさん(43)は「地域活性化につながるといい」。運営を担当する斎藤由紀子さん(47)は、ルシカで新たな人と人との交流が生まれることを期待している。午前10時〜午後4時、不定休。問い合わせはルシカ(電話080・5826・7533)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット