国宝松本城の黒門に設置された門松=12日

国宝松本城の黒門に設置された門松=12日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

「もうこんな時季...」 松本城に門松お目見え

信濃毎日新聞(2016年12月13日)

 松本市の国宝松本城で12日、黒門と太鼓門に特大の門松が設置された。本丸庭園では雪や寒さから樹木を守る「冬囲い」も済み、一足早く新年を迎える準備が進んでいる。観光客らが、抜けるような青空や天守と共に写真に収めていた。

 門松は、午前8時すぎから市内の造園業者4人が現場で組み立て作業。編んだわらを巻いたドラム缶の土台に、直径17センチほどのモウソウチクを3本立たせ、梅や松、ナンテンなどの縁起物やしめ飾りを丁寧に飾り付けた。高さは、黒門の門松が約3・5メートル、太鼓門が約3メートル。

 作業責任者の川上武志さん(40)は「立派な門松に身の引き締まる思い。もうこんな時季なのかと感じます」。台湾からの観光ツアーの添乗員男性(46)は「門松は初めて見たけれど、とてもきれい」と興味深げに写真を撮っていた。

 門松は来年1月7日まで飾る予定だ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット