有料で配布している2級合格者バッジ(右)と3級合格者バッジ

有料で配布している2級合格者バッジ(右)と3級合格者バッジ

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

軽井沢WEB検定 2月実施

信濃毎日新聞(2016年12月17日)

 軽井沢町の軽井沢観光協会は、インターネットを利用したご当地検定「軽井沢WEB(ウェブ)検定」の第2回を、来年2月5、6日に行う。町内を会場にペーパー方式で実施した旧検定を含めて通算8回目。今回から、旧検定で合格した級の上の級からも受検できるようにした。

 検定は、3級(基礎知識)、2級(やや高度な知識)、1級(高度な知識)があり、3級合格者が2級、2級合格者が1級を受検できる。WEB検定は、受検者数が伸び悩む中、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など通信環境が整っていれば、どこからでも受けられるようにし、昨年度初めて実施した。

 同協会は、WEB検定では当初、一律に3級から始まり、上位級に進んでいく仕組みを想定していた。受検者らの意見や要望も踏まえ、旧検定の合格級の資格を継承できるようにした。

 昨年のWEB検定は3級のみ実施。今回は3級と2級を用意する。1級は来年度から実施の予定だ。同協会が発行する「軽井沢検定公式テキストブック」から7割を出題し、残りは時事問題。設問ごとの解答に時間制限があり、所要時間は1時間以内。7割以上の正解が合格となる。

 合格者は合格証や町内美術館無料入場券などがもらえる。昨年度作った3級合格者のバッジに続き、2級バッジも新たに作製。町花サクラソウの絵柄で3級は銀縁、2級は金縁。いずれも有料。

 受検料などの問い合わせは同協会(電話0267・41・3850)へ。申し込みは専用サイトで来年1月31日まで受け付ける。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット