平和への祈りを込めて打ち上げられた花火=17日午後7時30分ごろ、長岡市の国営越後丘陵公園

平和への祈りを込めて打ち上げられた花火=17日午後7時30分ごろ、長岡市の国営越後丘陵公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

平和の灯 冬の夜空へ 長岡

新潟日報(2016年12月19日)

 平和への祈りを込めた花火が17日、長岡市の国営越後丘陵公園で打ち上げられた。イルミネーションが雪景色の会場を彩る中、スターマインが夜空に上がり、訪れた人たちを魅了した。

 真珠湾攻撃の総指揮を執った山本五十六・連合艦隊司令長官の出身地である長岡市では、旧日本軍が米ハワイの真珠湾を攻撃した12月8日に市民有志による実行委員会が慰霊の花火「白菊」を打ち上げている。開戦から75年に当たり、同公園が実行委の協力で花火を企画。12月の土曜日を中心に花火を上げている。

 17日夜、家族連れらが見守る中、約300発の花火が打ち上げられた。長岡市の会社員男性(39)は「花火の美しさを楽しめるのも平和だからこそ。いつまでも平和が続いてほしい」と話した。

 同公園では25日までイルミネーションが行われ、花火は23~25日の午後7時半に打ち上げられる。入場無料。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース