福田さん(右2人目)の指導を受け、写真技術を学ぶ参加者

福田さん(右2人目)の指導を受け、写真技術を学ぶ参加者

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 祭り・催し

「スノーモンキー」をパチリ 山ノ内で写真撮影会

信濃毎日新聞(2016年12月26日)

 下高井郡山ノ内町の志賀高原ロマン美術館は25日、町内の地獄谷野猿公苑で写真撮影会「スノーモンキーフォトフェスティバルonクリスマス!」を開いた。同公苑は温泉に入る猿「スノーモンキー」が人気で、多くの写真愛好家が訪れるが、撮影技術も学んでほしいと初めて企画。県内外の写真愛好家20人余がプロの写真家から技術を学んだ。

 講師は公苑で撮影した猿の写真を集めた本を出版した動物写真家の福田幸広さん(51)=埼玉県川口市=と、野鳥写真家の戸塚学さん(50)=愛知県刈谷市=の2人。参加者は撮影機材を借り、自由に撮影。講師の2人は温泉の水面も入れて撮ると、猿が温泉に漬かる様子が伝わりやすいなどと助言していた。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース