長野県 長野市周辺 アウトドア・レジャー

サイクリングで誘客を 長野市が海外含めPRへ

信濃毎日新聞(2017年1月4日)

 長野市は近く、長距離を走るロードバイクなどによるサイクリングに適した地域として広くPRを始め、海外からも含めた誘客に取り組む。中心市街地から戸隠などへの途中には自転車愛好者が好む高低差があり、雄大な景色も楽しめることから、推奨ルートの設定を検討。休憩のために駐輪できる専用のサイクルスタンドをルート沿いの飲食店などに備えてもらい、受け入れ態勢を整え、地図などで案内していく構想だ。

 同市観光振興課は、鏡池などの観光スポットがある戸隠や飯綱高原、北アルプスを望む同市篠ノ井東福寺付近の千曲川の堤防道路などをサイクリングに適した場所として想定。近隣では黒姫山(信濃町)や妙高山(新潟県妙高市)の麓を通る道などにも着目しており、それぞれ地元の市町村や観光協会などに連携を打診する。また、自転車を持って北陸新幹線(長野経由)で訪れる人も念頭に、長野、飯山両駅を発着点としたルート設定も検討する。

 長野市やながの観光コンベンションビューロー(長野市)などは海外からの誘客を進めようと、台湾の旅行会社などに市内の観光地の眺望などをアピールしているが、これまでのところ反応は鈍いという。全国的には広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内海の「しまなみ海道」で、サイクリングを楽しむ外国人観光客が増えており、長野市もサイクリングに特化し来訪を改めて働き掛けるためにルートをまとめることにした。

 北信地方では、戸隠、飯綱、黒姫、斑尾、妙高の5高原を巡るサイクリングの催しが毎年開催され、人気を集めている。また、高山村内では店舗などがサイクルスタンドを備えるなど、自転車愛好者を受け入れる取り組みが出てきている。

長野市周辺 ニュース