イトヨの図柄で名水をアピールしている大野市版のマンホールカード=福井県大野市糸魚町の本願清水イトヨの里

イトヨの図柄で名水をアピールしている大野市版のマンホールカード=福井県大野市糸魚町の本願清水イトヨの里

福井県 勝山・大野 その他

マンホールカード大野版完成 イトヨ図柄で名水PR

福井新聞(2017年1月9日)

 福井県大野市は、下水道マンホールのふたの全国コレクションカード「マンホールカード」の大野市版を作成し、同市糸魚町の本願清水イトヨの里で配布している。夏でも水温が20度以下の水域に生息する魚「イトヨ」2匹が泳ぐデザインで、湧水が豊富な同市をアピールしている。県内では福井市に続き2例目。

 カードは国土交通省や下水道関連の企業などでつくる「下水道広報プラットホーム」が、各地の特色あるマンホールふたをPRしようと企画。表面に写真と設置場所の緯度経度、裏面にはデザインの由来などを載せている。

 昨年4月に第1弾、8月に第2弾が作成され、大野市は第3弾に加わった。これまでに同市を含めて全国109自治体が120種類を作成している。

 同市のマンホールふたの図柄は市の魚イトヨ、市章、名水を思わせる水玉模様をデザインしている。カードに位置を示したイトヨの里の入り口付近をはじめ、市内約2500カ所に設置している。カードは4千枚作成した。

 市の担当者は「名水のPRと、市民への下水道普及につなげたい」と話していた。

 午前9時~午後5時。月曜休館。

勝山・大野 ニュース