阿賀野川沿いの地酒や食が並ぶ「銘酒と名湯ごっつぉまつり」のチラシ

阿賀野川沿いの地酒や食が並ぶ「銘酒と名湯ごっつぉまつり」のチラシ

新潟県 新潟・岩室 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し 温泉

阿賀野川の幸いかが 地酒の飲み比べも 2月4日・阿賀

新潟日報(2017年1月10日)

 阿賀野川沿いの地酒と温泉宿自慢の料理が楽しめる「第2回銘酒と名湯ごっつぉまつり」が2月4日、阿賀町石間の道の駅「阿賀の里」で開かれる。

 新潟市秋葉区、五泉市、阿賀野市、阿賀町の4市町と観光協会などでつくる「阿賀野川ライン観光協会」の主催。初開催の昨年は約900人が来場した。今年も継続して広域観光をPRする。

 時間は午前10時~午後4時。「銘酒試飲会」は参加費1500円で、七つの酒蔵と、阿賀町の農家民宿のどぶろくを飲み比べできる。先着300人には、阿賀野市の庵地焼か秋葉区の金津焼のオリジナルおちょこをプレゼント。利き酒大会も正午と午後1時半の2回開かれる。

 屋台村ではコイの甘煮やサケいくら塩糀(こうじ)漬けなどの逸品を販売し、午後2時からはお酒に合う料理を審査するコンテストも行う。3時からは古町芸妓(げいぎ)の踊りが披露される。

 咲花温泉から会場行きの屋形船を今回も無料で実施。JR磐越西線咲花駅に列車が到着する時刻に合わせ、午前10時20分発、午後0時20分発の2便運行する。帰りは五泉駅、咲花駅行きのシャトルバスが出る。

 問い合わせは阿賀町役場内の阿賀野川ライン観光協会、0254(92)4766。

新潟・岩室 ニュース