節分の恒例行事「本成寺鬼踊り」の出張公演が行われた=三条市福島新田

節分の恒例行事「本成寺鬼踊り」の出張公演が行われた=三条市福島新田

新潟県 燕・三条・弥彦

鬼、一足早く大暴れ

新潟日報(2017年1月24日)

 新潟県三条市福島新田にあるJAにいがた南蒲の農産物直売所「ただいまーと」で22日、節分の恒例行事「本成寺鬼踊り」が披露された=写真=。親子連れが詰め掛け、大暴れする鬼を前に大泣きする子どもの姿も見られた。
 
 鬼踊りは2月3日に西本成寺1の本成寺で実施される。毎年出張公演が行われ、昨年7月オープンのただいまーとには初めて訪問。赤や青、黒といった5色の鬼がこん棒などを振りかざし、「ウオー」と雄たけびを上げた。鬼に触られた子どもは元気に育つといわれており、集まった子どもの頭をなでたり、抱っこしたりした。
 
 2人の子どもを抱っこしてもらった同市猪子場新田の会社員(31)は「病気なく、健康に育ってほしい」と話した。

燕・三条・弥彦 ニュース