登録有形文化財を目指す旧加賀一の宮駅舎=白山市白山町

登録有形文化財を目指す旧加賀一の宮駅舎=白山市白山町

石川県 加賀・白山・小松 鉄道

旧駅舎、登録文化財に 白山・加賀一の宮駅、市など

北國新聞(2017年1月31日)

 白山市と鶴来まちづくり協議会は、北陸鉄道石川線の旧加賀一の宮駅舎(白山町)について、2018年度に国の有形文化財への登録を申請する方針を固めた。駅舎はそり曲がった形状が特徴的な「唐破風(からはふ)」の入り口を備え、白山比咩神社の「門前駅」としての雰囲気が漂う意匠となっている。一部を改修し、まちおこしの新拠点に活用する計画で、新年度に具体案をまとめる。

加賀・白山・小松 ニュース