敦賀の名所などが描かれた敦賀アイシングクッキー=30日、敦賀市の敦賀駅交流施設オルパーク

敦賀の名所などが描かれた敦賀アイシングクッキー=30日、敦賀市の敦賀駅交流施設オルパーク

福井県 敦賀・若狭

敦賀の名所をクッキーに オルパークで販売

福井新聞(2017年2月1日)

 敦賀駅交流施設オルパークはこのほど、敦賀市の名所などを砂糖で描いた「敦賀アイシングクッキー」の販売を開始した。同市出身のイラストレーター橋本孝久さんが考案し、表面には気比神宮や野坂山などがデザインされている。

 橋本さんはインド古来の「ミティラー画」と、現代的なイラストレーションの手法を融合させた個性的な作品を数多く発表し、国内外で広告賞やイラストレーション賞を受賞している。同施設とは、2015年10月の敦賀駅前広場誕生祭に参加した縁で交流がある。

 クッキーは、敦賀のPRに貢献したいと考案。一辺5センチの正方形で、白地に気比神宮の赤い鳥居を描いたものや、鮮やかな水色の海を背景に敦賀市の鳥「ゆりかもめ」をかわいらしく描いたものなど全6種類がある。

 年末年始の帰省シーズンに合わせ販売を開始。敦賀の特産品が並ぶお土産コーナーに置かれ、1枚500~600円(税込み)で販売している。

 山崎友也施設長(29)は「かわいらしいイラストで若い人にも楽しんでもらえる。県外の家族や友人に配って敦賀をPRしてもらえれば」と話していた。

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット