作品に見入る来場者=白山市番匠町のギャラリーノア

作品に見入る来場者=白山市番匠町のギャラリーノア

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

植物や風景、繊細に描く 松任美術協会洋画部展が開幕

北國新聞(2017年2月3日)

 白山市松任美術協会洋画部会員展「サムホールの魅力」(北國新聞社後援)は2日、同市番匠町のギャラリーノアで始まった。洋画家の土田佳代子さんら20人がはがき2枚程度の「サムホールサイズ」のキャンバスに植物や風景を繊細なタッチで描いた力作40点が並んだ。
 会員は1人2点ずつ作品を寄せ、秋めく上高地(長野県)の風景、鮮やかな赤色が目を引くバラやツバキなど多彩な題材の作品が来場者の目を引いた。7日まで。

加賀・白山・小松 ニュース