旧丹後街道起点の敦賀駅周辺の地図(福井県嶺南振興局提供)

旧丹後街道起点の敦賀駅周辺の地図(福井県嶺南振興局提供)

福井県 敦賀・若狭 鉄道 その他

若狭街道、小浜線でGO 駅周辺散策図を作製 福井県

福井新聞(2017年2月11日)

 福井県嶺南振興局は、敦賀市から高浜町まで嶺南6市町を通る旧丹後街道の歴史ある街並みを、JR小浜線の駅を利用して散策してもらおうと、地図を作製した。各駅を中心とした10コースの地図に、神社仏閣66カ所と飲食店など31カ所を掲載。「歴旅『若狭街道』(旧丹後街道)小浜線で歩く物語」と銘打って10日から福井県のホームページ(HP)で紹介を始めた。

 旧丹後街道は、越前敦賀から若狭に入り佐柿(美浜町)、三方(若狭町)、日笠(同)、小浜、本郷(おおい町)、和田(高浜町)を経て丹後宮津までを結ぶ。宿駅が設けられ、名称は近世以降に付けられた。若狭街道とも呼ばれていた。

 現在の国道27号やその付近を通り、かつての歴史街道の面影を残す場所も少なくない。古民家を活用した食事処など休憩所もあることから、並行して走る小浜線の利用と組み合わせた誘客を図ろうと企画した。HPでの発信のほか、福井市の県立図書館で21~28日に地図を展示してPRする。

 地図は各コース1枚の計10枚と全体図1枚がある。各コースは徒歩3~5時間で巡り、地図にはそれぞれ観光地や名所の写真、説明を掲載した。「敦賀駅周辺」は丹後街道の起点となる敦賀西小を経て柴田氏庭園などを巡る。「小浜駅周辺」は旭座や空印寺などを紹介。終着の「青郷駅周辺」は中山寺などを掲載した。

 誘客事業は、観光地の魅力を高める県の「周遊・滞在型観光推進エリア創出計画」に組み込み、今後、各市町のまちづくりなどとも連動していきたい考え。事業としては▽街道にまつわる逸話や昔の写真の収集▽土産物店などに立ち寄ってもらうためのパンフレット作成▽昔の街道の石柱の再現▽語り部の育成―などを検討している。

敦賀・若狭 ニュース