昨年8月に行われた「高校生万葉短歌バトル2016」。全国の高校生が自作の短歌を競い合った=ウイング・ウイング高岡

昨年8月に行われた「高校生万葉短歌バトル2016」。全国の高校生が自作の短歌を競い合った=ウイング・ウイング高岡

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

高岡巡りや交流会も企画 8月の高校生万葉短歌バトル

北日本新聞(2017年2月22日)

 奈良時代の越中国守、大伴家持の生誕1300年を記念した「高校生万葉短歌バトル2017」が8月7日、高岡市のウイング・ウイング高岡で開かれ、全国の高校生が自作短歌を競う。2回目のことしは市内を巡るツアーや交流会を行い「万葉の里」で友情を育んでもらう。

 高校対抗のトーナメント戦で、予選を通過した県内外の8チームが作品を詠み上げ、ディベート形式で批評を繰り広げる。歌人の佐佐木幸綱さんと小島ゆかりさん、市万葉歴史館の坂本信幸館長が審査し、作品の出来と批評力で勝敗を決める。

 本戦出場者は前日に高岡入りし、家持の歌の世界を紹介する市万葉歴史館など万葉ゆかりの場所を巡る。市二上まなび交流館で実施する交流会には審査員にも参加してもらい、創作の楽しみや上達のポイントなどについて語り合う。

 4月から作品募集を始める。公式サイトは、http://www.kouko-tanka.jp/

 高岡市や北日本新聞社などでつくる実行委員会主催。市は21日に発表した2017年度当初予算案に、家持生誕1300年記念事業費3106万円を計上した。

詳細情報

リンク
高校生万葉短歌バトル[公式サイト] http://www.kouko-tanka.jp/

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット