トロッコ電車のモーターを整備する社員ら=黒部峡谷鉄道

トロッコ電車のモーターを整備する社員ら=黒部峡谷鉄道

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー 鉄道

黒部峡谷鉄道でトロッコ点検 春へ準備万全

北日本新聞(2017年3月4日)

 黒部峡谷鉄道(黒部市黒部峡谷口)で、春の営業運転再開へ向けトロッコ電車の点検整備が本格化している。同社の機関車検修庫では、ヘルメット姿の社員らが忙しそうに作業に当たっている。

 電気機関車や客車などの車両を台車やモーター、車軸に分解して、部品の消耗度や故障の有無を入念に調べた。専門の係員のほか、乗務員や駅員も加わえた約80人が交代で3月末まで作業する。4月からは試験運転も始める。

 トロッコ電車の営業運転再開は宇奈月-笹平間が4月20日、笹平-鐘釣間は5月1日、欅平(けやきだいら)までの全線開通は同10日を予定している。

黒部・宇奈月・新川 ニュース